着物の処分方法

このサイトでは着物の着付け師が教えてる着物の処分方法についてご紹介します。

着物を処分する方法としては、大きく分けると次の4つになります。

  • 売る
  • 譲る
  • 捨てる
  • リメイク

大きく分けるとこの4つになるでしょう。
このそれぞれについて、詳しくご紹介したいと思います。

ただし、次の点によっても着物の処分方法がかわってきます。

どういった着物なのか?

  • 普段着使いの着物
  • お茶のときの着物
  • 紋付き
  • 祖母も母も来た振り袖
  • 有名作家の着物

どういった経緯で入手したものなのか?

  • 遺産でもらった
  • 親戚からもらった
  • 祖母から受け継いだ
  • 着なくなったからもらった
  • etc

これらにより処分の仕方は変わってくきますので、それぞれについてできるだけ詳しくご紹介しましょう。

どういった着物なのか?着物の種類や価値

処分を考えている場合、着物の価値は重要です。

どういった素材でできているのか、着物の種類や格付け、作家物かなどで大きく変わってくるからです。

例えば、有名な作家さんの着物は捨てたり、リメイクに使うのは論外です。

そういったものは一つの芸術品であり、しっかりとした形で後世に残すべき着物ですから、自分の子供や親戚、親友など、しかるべき人に譲るか、もしくはしっかりとした鑑定人がいるお店に売ったほうが良いわけでしょう。

反対にウールの普段使い用の着物には、ほとんど価値はありません。当然売りにだしても売れませんし、人に譲るにしても貰うほうも困ってしまうでしょう。大胆なリメイクに使ってみるか、もしくは思い切って捨てるしかないでしょう。

このように着物の素材や種類によって、着物の処分の方法は大きく変わってきてしまいます。

着物は売ったら高い?安い_

着物に詳しい方ならご存知だと思いますが、買う時は高く、売る時は安いのが着物です。

50万で買った着物が買取価格で1万円や30万で買った晴れ着が少しシミがついてだけで3,000円ということもざらにあります。

その反対に有名作家さんの着物であれば、何十万は当たり前、百万を超えるものまで珍しくありません。

また珍しい素材や柄の場合、また着物の種類によっては作家物でなくても高値がついたりします。

このあたりは余程詳しくないとわかりませんし、現在の着物の人気や相場を知らないことには判断できないでしょう。

着物の種類や価値が分からない場合

とはいえ、着物の種類や価値は誰しもが分かるわけではありません。

明らかにボロボロになった着物でもない限り、素人には見分けがつかないものです。

しかもボロボロになっていたとしても、素材が良い場合は端切れとして価値がある場合もあり、少し厄介です。

まずは着物の買取店で査定を!

処分したいと考えているのであれば、まずは着物の価値が分かっている方に査定してもらうことをオススメします。

着物の価値が分かっている方にしっかりと着物を鑑定してもらうことで、着物の価値が分かり、安心してその後の処分が決められます。

高ければ売り、安ければ別の方法を考えるわけです。

地元の質屋やリサイクルショップはNG

ただし、着物を売るならリサイクル店や質屋はあまりおすすめできません。
なぜなら、そういったところでは着物の本当の価値が分からずに、二束三文の値段しかつけないからです。

また価値は分かっていても在庫を抱えることを嫌って、あまり高く買い取ってくれません。
最初から保管代を引いた価格で買い取っているわけです。

インターネットの買取店が高くて安心

着物をみてもらうなら、しっかりとした着物の鑑定士がいるお店、インターネットでも広告をだしているような大手が安心です。そういったインターネットで買取展開をしているお店なら、無料で着物の査定をしてくれますし、買取価格も高くておすすめです。

またインターネットのお店を選ぶなら出張買取をしてくれるお店を選びましょう。

出張買取のお店を選ぶべき理由

出張買取があるお店を選ぶ理由ですが、インターネットで広告を出している着物の買取店は、宅配買取のお店がほとんどですが、宅配買取はトラブルになる場合が多くあまりオススメできません。
最近でも消費者庁からも注意勧告が出ていましたから、ご存じの方も多いことでしょう。

国民生活センター:宅配買い取りサービスのトラブルが増加(http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20171109_1.html)

そこで安心なのが出張買取のお店なのです。

出張買取がおすすめの一番の理由は、「クーリングオフ精度」が使えるからです。

クーリングオフという制度をよく知らない方に簡単に説明すると、一週間以内ならその取引がなかったことにしてくれる精度のことです。つまり、着物を売って査定員が帰った後でも、その着物を返してもらうことができるわけです。

でもクーリングオフ精度は、宅配買取や店頭で売った場合には使えません。
ですから、着物の買取をするなら出張買取があるお店を選ぶべきなのです。

価値がわかれば、安心して売れますし、売るのを止めて子供や友達に譲ることもできます。

このように、まずはインターネットで出張買取を行っている着物の買取店に着物の査定依頼をだしましょう。

出張買取でオススメの着物の買取店はこちら  

買い取ってもらえない着物の処分方法

査定依頼を実際にやってみると、買い取ってもらえない着物が多いことに驚かれるかもしません。
最初のほうで説明したように着物の買取は一部をのぞいてほとんどの着物に価値がなく、古着の着物にいたっては、ほぼ値段がつきません。
七五三の着物や成人式の着物も流行りすたりがあるため、値段が低くなりがちです。

それでも着物の価値がわからない方が着物を処分したいなら、まずは出張買取に来てもらってください。

買い取ってもらえない着物は、メルカリなどで売ることができますが、手間が面倒くさくて処分したい場合もあると思います。
実際、メルカリに売るとなると、着物ごとに写真をたくさん取ってさらに詳しい説明を入れて、商品ごとに発送の手続きをしなくてはいけません。

そういったことが面倒であれば、そのまま出張買取に引き取ってもらう方法があります。

出張買取の査定員に着物を引き取って貰う方法

出張査定の査定員さんに「この着物はいらないので引き取ってください。」といっても絶対に引き取ってくれません。
出張買取では、ただで着物をただで持って帰ることは違法なのです。
そのため、いらないから持って帰ってくれといってもダメなのです。

じつはよほど着物の状態が悪い場合をのぞいて、着物には価値があります。
ただその値段が安すぎるので、査定員さんも値段をつけるのを躊躇して値段がつかないといっているのです。

逆にいえば、「ただ」でなければ違法ではありません。
つまり、「全部で100円、500円」など、値段の交渉をすれば引き取ってくれるわけです。

もし、捨てるのが面倒だったり、メルカリなどで出品するのが面倒な場合はぜひこの方法を試してください。

出張査定後の処分方法

それでは実際に買い取りに来てもらって値段がつかなかったり、すごく安い場合は無理して売らずに次の方法で着物を処分しましょう。

買い取ってもらえなかった着物の処分方法は次の3つになります。

  1. 売る
  2. 譲る
  3. リメイク

また「売る」が出てきて、びっくりされたかもしれませんが、まずは聞いてください。

今回の着物を「売る」相手は、着物の買取店ではありません。
ヤフオク(Yahooオークション)やメルカリなど、個人に売るのです。

ヤフオクやメルカリで個人に売る

着物の買取では値がつかない着物でも、着物の練習着が欲しい、初心者がとりあえず着物を安く欲しいなどの理由で、意外と欲しがる個人はたくさんいます。

こういった方達に、yahooオークションやメルカリを通して、500円や1000円で売りに出すのです。

10枚で1000円、もしくは買い取れませんと言われたようなお着物が、個人なら買ってくれるわけです。

ボロボロの着物でも端切れとして売れる

虫食いやシミがひどい状態の1枚1枚値段がつかないような着物でも、オークションであれば端切れとしての価値があり、売ることができます。

端切れ用着物10枚1000円などで出品すれば、すぐに売れてしまうことでしょう。

とくに柄が珍しい場合は人気があるのですぐに売れます。

ヤフオクとメルカリの使い分け

ちなみに、ヤフオクとメルカリの使い分けですが、ヤフオクはオークションなので時間がかかります。でもその分、高く売れる可能性があります。

逆にメルカリはすぐに売れますが、ヤフオクに比べると安くなりやすい傾向があります。

もちろん、最初からオークションに売り出す方法もあるのですが、それはあなたに着物の価値が分かっている場合です。価値が分かっていないとオークションに適切に出品できません。オークションで高く売るには、意外とテクニックが必要ですから。

トラブルになる場合も

ヤフオクやメルカリは、個人に売るためトラブルになる可能性が高くなるという欠点があります。

例えば料金を値切られる、もしくはお金が振り込まれないなどです。

また、安い着物では起こりえませんが、高い着物だとそういった人たちに目をつけられてしまうかもしれません。
高い着物を売る場合、詐欺グループに目を付けられる可能性もあります。

安い着物ならまだしも、高い着物を売りに出してトラブルになってはもともこもありません。

だから私は、最初に着物買取の信頼できるお店に高い着物は売るようにしています。

安い着物なら仮に取られても、それほど痛くないですから。

着物をリメイク

売れなかったものでも柄などによっては自分でリメークしてみるのも良いでしょう。

洋服にするのは難しくても、バッグや小物へのリメークは意外と簡単です。

捨てるくらいであれば、思い切って色々やってみてはいかがでしょうか?

遺産で着物をもらった場合

遺産で着物もらった場合について、詳しくご紹介します。

遺産で着物をもらった場合は、あなたが着物に詳しく、自分で着るつもりでない場合は売ることを考えることでしょう。

着なくなったからと着物をもらった場合

着なくなった着物をもらった場合について、ご紹介していきます。

着なくなった着物を貰う場合は、まず着物の素材やどういった使い方をしていた着物なのか来歴などをしっかり確認しておきましょう。

着物の素材や来歴を知ることで、保管方法やその後の使い方が変わってくるからです。

例えば、ウール素材であれば貰うほうとしても気軽に着ることができます。逆に
貰った着物を売る